2019年12月06日

お金がない世界


こんにちわ(^^♪ ミミです。

昨日前澤社長が テレビで お金がない世界とか平和とか おっしゃってましたね。

私も ザックリ言うと まぁ 遠からずの考えなんですが

彼は ちょっと いつも アクセスの仕方を間違えている気がします(笑)



最初に 今の活動は そういうことと直結しているつもりはありませんのであしからず。


私の場合は こんなことを想像しました。


市民農園や貸農園で 野菜を作り 余った野菜は 友達にあげる 

困った時は 仲間に頼む お礼に精いっぱい自宅でご飯をごちそうする

困った人がいたら どんな人でも精いっぱい助ける 使わないものは 交換しあう


仲間に お菓子作りの得意な人がいたら 教えてもらったり 作ってもらったりする

    美容師がいたら 髪を切ってもらったり セットしてもらう 

    大きなお家に住んでいる人がいたら 遠出の時に泊めてもらう

    食べ物が好きな友達がいたら どこがおいしいか教えてもらう
   
    旅行や写真が好きな友達がいたら 話を聞かせてもらったり 写真を見せてもらう


必ず 精いっぱいのお礼の言葉を贈る そして

代わりに 私が仲間の為に出来ることは なんでも 精いっぱいやる



服やアクセサリーは 自分で作って 作っている人と交換しあう 

持っているたまにしか使わないものは シェアする 貸しあう


結婚式や お葬式は みんなで手伝う 


古き良き時代の日本ですね。
 

ほとんどお金を使わなくても ある程度回っていきます。

お金というシステムができたのは 長い歴史の中で ごくごく最近の話です。


一つ違うのは これを 今はネットで 世界中の人とできるようになったことです。


もう一つは ブロックチェーンというものができて

これは 簡単に言うと 個人の小規模なグループでお金の代わりのものをやり取りできるようになるという事。

(正確で詳しい説明は 中田敦彦のユーチューバ―大学がとてもわかりやすかったです。)



手伝ってもらって ありがとうの代わりに ポイントを受け渡すみたいな感じですね。

だから お金はいらない。ということです。


そういう社会が未来にはあるよ。ということです。


仲間というと 不思議な感じがしますが 昔のご近所づきあいのような付き合い方をしなくても

今はSNSで いろんな人と軽いやり取りがたくさんできるようになりましたので

昔のような わずらわしさは 工夫次第で取り除けると思っています。 



でも、私自身も そんな関係を自分が沢山の人と築いていけるのかと言われるとわからないし

付き合いに時間を取られるなら お金で頼んでしまった方が 楽という気持ちもわかるのと   

基本一人が好きなので そう言うものに属したくないという人がいる気もちもわかるので 答えはまだわからないです。


だから、自分で色んなことを やってみて どうなのか考えてみたい ということです。(実験&考察)






前澤社長 お金がいらない生活を実現するためには 自分がお金を使わない生活をして見せてから話した方がよかったです。

あとは、説明という優しさが不足しています。


今日は インスタグラムで 初めてコメントをもらうことができました。(祝)とてもうれしいです☆

これからもたくさんの人とと 出会っていけたらと思います。


正方形の台紙を作りました☆  #ハンドメイド好きさんと繋がりたい #絵本好き #ハンドメイド部 #ハンドメイド #




















    






posted by mimi(ミミ) at 17:30| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする