2019年12月24日

クリスマスケーキをみんなが買わなくなった理由


こんにちわ(^^♪ ミミです。

年の暮れの クリスマスで幸せなこんな時だから 少しだけ考えてみたいことがあります。



今日は クリスマスといえば ケーキとオードブル 食品のことです。


昔は ケーキは 行き付けのケーキ屋さんがあって そこで特別な時はケーキを買ったものです。

今は どこへ行っても 某有名店のケーキの注文票がレジ横に 置いてあり 店員に予約はお済ですかと声をかけられ

もはや楽しみというより、義務的にケーキやオードブルを買い 大量に作って冷凍保管されたケーキを 激混みスーパーやコンビニで受け取るという始末です。


スーパーのオードブルだって 大量のケーキの受け渡しだって 一点集中で そこにすべての需要が集中してしまうため


そこで 働いている人がとても苦労してしまうのです。



100人、いや 数百人分のケーキとオードブル 作る手間を省く為に ほとんど工場でライン作業されてきた料理やケーキばかり

これが、余ると全て捨てられたり、肥料に加工されたりするのです。


愛情や手間や個性 風情というものはどこに消えたのでしょうか。



ケーキ屋さんで買ったケーキは 作っている人の顔が見えたり、ケーキ屋さんの素敵な雰囲気だったり大きなツリーだったり、綺麗な包み紙だったり たまにもらえる おまけのクッキーだったり そんなお金では買えない価値が付随しているものです。


それに 一年に一回の大切な時間の ケーキ 500円 1000円を値切って 安いところで買う必要があるのかなと ふと思ってしまいます。




これは同じことが、お正月やお盆 全ての季節の行事や 買いものにも言えます。

 
街の小さなお店や 品質を重視する東北の企業様.を 積極的に私が応援しているのは 大企業の利益や効率優先のやり方に振り回され 私達が大切なものが見え無くなってきているからです。


これからも少しずつ この事は紹介していきたいと思います。それではよい クリスマスを(^^♪


@shiyurinpuchiyawo からアドバイスをいただきました 娘がずっとサンタさん煙突が無い時はどうするの?聞くので 煙突を家の玄関に夜貼る事にしました☆

#サンタさんどこから入って来るの #嘘ではなくてファンタジー #煙突 #煙突ないけど大丈夫かな #メリークリスマス #煙突ないからどこから入ってくるのかな #ありがとうございました🙏
クリスマス🎄気分ですが お正月の準備☆我が家は数年前からお年玉袋は手作りです☆  ネズミも描けと要望があり(笑)微妙なネズミを加えてました😂⭐️ #岩手 #お正月準備中 #親バカ部 #お正月の準備






posted by mimi(ミミ) at 17:18| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

活動して 思いついた 新しい やりたいこと 


こんにちわ(^^♪ ミミです。

インスタグラムを始めてから、私と関わってくれる人が増えてきて、とても充実したものになってきました。

そうして いろんな人と関わる中で 新しいやりたいことと 改善点が見えてきました。


・youtube で ラジオを放送する。

どうしても、文章を読むのは、時間がかかるので、何かをしながら聞ける音声動画がいい。


・写真の取り方を勉強する

写真の技術が低いように感じるので、もう少し綺麗に写真を取れるようにしたい。


・ALLWAYSBASICの応援ブログを作る

元々持っているブログやインスタで紹介する了承を得ようと 担当者の方に会ったところ 想像以上に 製品に対するこだわりが面白かったので勝手に(一応軽いオッケーをもらって)独自の目線で商品を紹介するブログを作ろうと思います。


・食べ歩き(子供連れ視点での)ブログを作る。

元々は、食べログ投稿していました。食べ歩きは味が重視のものが多いので、子供を連れて歩くのにどうなのかということをメインでブログを書きたいと思います。



・ぬいぐるみの製作

元々ぬいぐるみは取り掛かりたいと思っているのですが、リバティ生地を使って 作りたい。



・ブログの編集、インスタ投稿。

インスタから、ブログに来てもらえることがまだ、少ないので、ブログの内容をもっと整理して、読みやすいようにしたいのと
インスタに、ブログで投稿している記事を定期的に載せていこうと思う。




posted by mimi(ミミ) at 06:50| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

クリスマスだから考えたい 服が異常に安い理由



こんにちわ(^^♪ もうすぐクリスマスです。

誰かの為にプレゼントをえらんでいるひとも、もちろん自分にプレゼントを買っている人も

こんな時だから 少しだけ考えて欲しいことがあります。


大手のあのメーカーや あのお店では 平気で 1着 500-1000円の服が並んでいますね。

質がそこそこにせよ 服は大なり小なり人の手が加わっています。 中国やアジアで作られているなら

その服を日本まで運んでくる輸送費とか、売っているお店のあれやこれや テレビCMの宣伝 含めての

1 着 500円です。


いったい、作っている人にいくら支払われているんでしょう。

考えたこともありませんでした。


ハンドメイドをやったことがある人ならもうご存知ですね。

物を作るのは、それなりに手間と時間がかかり、大変なのです。



『ザ・トゥルー・コスト ファストファッション 真の代償」 という映画が話題になりましたね。


顔も知らない 別の国の人が 私達が服を買うために 大変な思いをしているのです。


それじゃ私達は、その安く買った服を大切にしていますか?


大手のアパレル企業は、売れなかった服を大量に 処分してしまいます。

私達だって、買った服は流行に乗り遅れるというわがままな理由で 平気で捨ててしまったりします。


以前断捨離をしている人が 沢山買っては沢山捨ててるのを見て

本当にそれでいいのかと思った事があります。


安い服を5着買うなら 大事にできる服を1着買って一緒に思い出を作った方がきっと普段の生活も豊かになります。


どうか誰かに何かを送る時は 作った人がいることを忘れないでください


今日も一日ありがとうございました。


posted by mimi(ミミ) at 14:43| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする